ホーム>一品香について
お問い合わせ

横濱たんめんの一品香。昭和30年にタンメンと餃子の店として横浜にて創業。神奈川を中心に展開。

一品香について

一品香が創る横濱の麺文化 - 「たんめん」を知る -

「湯麺」と書いて「たんめん」と読む!?

tanmenwoshiru.jpg

中国では骨や肉を煮詰めて作ったダシ汁のことを「湯(タン)」と言います。
従って、本来はスープ入りの麺料理はすべて「タンメン」ということになりますが、日本では、炒めた野菜に塩味のスープを加えた麺料理に限って「たんめん」と呼ぶことがほとんどです。

一品香は「元祖・横濱たんめん」の店!

noren.jpg

戦後満州から引き揚げてきた料理人が現地の家庭料理の味を再現したのが、日本でのたんめんの始まりと言われています。その後、たんめんは横浜の特徴的な麺文化のひとつとなりました。

横濱一品香は、昭和30年、当時横浜の中心的繁華街であった野毛にて、わずか3坪、カウンター9席の小さなお店でスタートしました。
以後、創業の精神である、「一品一品に真心を込めて最高の味に徹しよう」の下、改良を重ねながら独自のうまさのある「絶品たんめん」と中国家庭料理を50年以上にわたり、作り続けています。

懐かしくて新しい「たんめん」の世界

lala.jpg

一品香では、50年の伝統の味を守り続けると共に、新しい麺料理の創造にも力を入れています。

平成14年には、横浜駅西口の相鉄ジョイナスにて、「絶品たんめん」を核に、自家製麺と工夫を凝らした具材・スープによるバラエティに富んだ新感覚のたんめんをラインナップした新業態「タンメンワールド横濱一品香」をオープン。さらに、たんめん専門店第2弾として、平成19年にはららぽーと横浜に「横濱一品香-湯麺小館-」をオープン。 多くのお客様にたんめんの世界をお楽しみいただいています。

 

一品香のこだわり - 「絶品たんめん」美味しさの秘密 -

野菜

hakusai.jpg

たんめんは野菜タップリでヘルシーな麺料理!
他店では主材料にキャベツを使用するところも見られますが、一品香では、すっきりした旨味を出すために、甘味の出るキャベツは使用せず、白菜を豊富に使っています。

namamen.jpg

自社工場で製造の広巾の熟成多加水麺を使用。
熟成多加水麺とは、小麦粉を練る際の加水率が高く、生地を寝かせ熟成させたもので、伸びにくく、適度なモチモチ感とコシのある食感が特徴です。

スープと味の決め手

soup.jpg

豚ガラ、とりガラと天然だしに含まれるイノシン酸、グルタミン酸と、たっぷり野菜の旨みで、あとを引くたんめんスープ。
胡椒、にんにく、胡麻油のバランスがポイント!特にこだわりの胡椒は香辛料メーカーと提携し香りの良い特注ブレンド品を使用。

ページ上部へ